忍者ブログ
平凡な人間の、平凡じゃない毎日の記録帳
[696] [697] [698] [699] [700] [701] [702] [703] [704] [705] [706]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、地元のショッピングセンターの屋上であったお笑いのライブに友達と行ってきました♪

出演者は、バカリズム、三拍子、ヒロシ(笑)。

13:00からだったのに、開店前の9:40から並んで、前から3列目の席をゲット。気合い入ってるでしょ。

どれもみんなすごく面白かったです。

でもかんかん照りの中だったので暑かった!日焼けしまくり。今も顔真っ赤。

終わってから、友達とお茶を飲んだのですが、そこで私はシュールなお笑いが好きだという話になりました。

確かにそうだ。バカリズムのシュールさもすごく面白かったし。私はラーメンズが好きだけど、ラーメンズも見るとものすごくシュールな印象を受ける。でもそもそも「シュール」ってなんなんだろう?日本語で上手く表現できるか?と疑問に思ったんです。

そこで家に帰ってから、辞書で調べてみました。

「シュール=シュールレアリスムの略」

広辞苑によると、

「シュールレアリスム=超現実主義」

「超現実主義=1920年代、ダダイズムにつづいてフランスに興った芸術運動。ヘーゲルの哲学、フロイトの深層心理学、アポリネールの詩法、キリコの画風などの影響のもとに、意識下の世界や不合理・非現実の世界を探求し、既製の美学・道徳とは無関係に内的生活の衝動を表現することを目的とする。文学ではブルトン・デスノス・エリュアールなど、絵画ではエルンスト・ミロ・ダリなどが代表者」

・・・(アタマグルグル ワカリマセン)

でも、シュールレアリスムの画家って、マグリットとかそうですよね?

残念ながらエルンストさんやブルトンさん達は知りませんが、マグリットは知ってます(あ、ダリも聞いたことあるかも)。

マグリットの絵は、面白くて、ちょっと怖いです。その印象を、「シュール」って思えばいいのかしら。でも今日見たバカリズムは、マグリットの絵を見る印象と似てる。そう考えると、なんとなくわかる気がする。超現実主義の意味はハァ?ですが(笑)。

今日はお笑いを楽しむだけでなく、お勉強にもなった日でした。

話は変わりますが、3連休(私は毎日が夏休みだけど)、ちゃんとバリバリ動けたぞ。体力ついてきたかな。ちょっと嬉しい。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
spica
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1978/09/05
職業:
天使兼業いんちきOT
最新コメント
[07/17 松ちゃん]
[07/10 くじら]
[07/10 D → DHM]
[06/10 づーちー]
[06/08 DHM]
おひまつぶし
お時間ある時にでもどうぞ。

by Orfeon
ばなばなばなー
 バナー作ってみました♪
(素材提供ふわふわ。り)                  
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り